世の女性が憧れるシルエット!効果的なバストアップ術でお悩み解決

女性

豊胸も切らずにできる

バスト

ヒアルロン酸の量に注意

美容整形の分野では、手軽に施術できるプチ整形が近年非常に人気を集めています。そんなプチ整形はバストアップにおいても可能になりました。従来バストアップの目的で行われていた美容整形ではバストにシリコンバッグなどを挿入することが多く、バストを切開しなければならないことが少なくありませんでした。しかしプチ整形によるバストアップ法ではそのような必要はありません。バストアップのプチ整形で有名なのはヒアルロン酸を注入するという方法です。ヒアルロン酸は注入の仕方が不適切な場合にはしこりのリスクがあるということが問題にもなりましたが、最近ではそうしたしこりの除去を得意とする美容クリニックが増えているので、そのようなクリニックでバストアップ整形をし直してもらうことも可能です。バストアップのプチ整形を受けるときにまず大切なことは、どのくらいの量のヒアルロン酸を注入するか医師とよく相談して決めるということです。というのもヒアルロン酸は一度に250ccを超えて注入しない方がよいとされているためです。できるだけ大幅にバストアップしたいという理由でヒアルロン酸を大量に注入すると、身体に吸収され損なったヒアルロン酸が残ってしまいしこりができることがあるので注意する必要があるのです。

新素材のアクアフィリング

プチ整形でバストアップする方法として、近頃ではヒアルロン酸以外の注入剤が用いられることも多くなってきました。ヒアルロン酸は顔のシワ取りなどで注入する場合は半年くらいで効果が薄れることが多いのですが、それに比べてバストに注入する場合は比較的長く持ち、2年くらいは効果が持続するとされています。しかしそれでももっと持続期間を長くして欲しいという患者の要望が強かったため、ヒアルロン酸に代わる新しい注入剤が登場してきているのです。その中でも特に注目を浴びつつあるのがアクアフィリングという新素材を使ったバストアップ法です。アクアフィリングによるバストアップはヒアルロン酸の場合より持続性にすぐれており、個人差はありますが長い人では7年から8年くらい持続することもあります。また、過去にヒアルロン酸注入を受けてしこりが残っている場合でも、しこりがそれほど大きくなければその上からアクアフィリングを注入することができます。もししこりが大きくても、ヒアルロン酸を分解する酵素を注入してからアクアフィリングを入れることができます。